2016.09.01

起業して成功する人に共通する理由を起業家100人アンケート調査

起業して成功する人に共通する理由

起業家、または副業・フリーランス等で経営を行っている方男女100人に「起業して成功する人に共通する理由」をアンケート調査いたしました。その起業家100名調査結果をご報告します。

起業して成功する人に共通する理由

  • 1位:最終目標が明確であることが成功理由(31%)
  • 2位:ポジティブ・未来思考が成功理由(21%)
  • 3位:チャレンジ精神が高いことが成功理由(20%)
  • 4位:物事を単純かつ明確に考えれることが成功理由(16%)
  • 5位:誰にも負けないやる気があることが成功理由(12%)

起業、経営に置いては、最終目標やビジョンが明確であることが一番の成功要因といえます。以下起業家100人の回答を確認してみてください。

5位:誰にも負けないやる気があることが成功理由(12%)

誰にも負けないやる気

起業家や経営者は初めのうちは”やる気”がないと成り立ちませんね。やる気があれば経営の困難も克服することが出来る、ガッツがあれば、良いときも悪い時も乗り越えれる。

確実に根性論ですが、起業家として成功する秘訣は”誰にも負けないやる気”ということです。

 

起業家12名のアンケート回答

  • 「途中で諦めず、どこまでも自分に厳しくして挑戦し続けられる人が多いと感じます。」
  • 「起業して困難なことがあっても、やる気があれば乗り越えられるから。」
  • 「苦しい時を乗り越える負けん気が強い人が多いです。」
  • 「何をするにしても、やる気がなければ達成することはできません。」
  • 「最後まで誰にも負けないようなやる気が無いと成功するまで続けることが困難だと思うからです。」
  • 「良い時も悪い時も、強い意志で乗り越えられるガッツとやる気をもっていると思う。」
  • 「やる気があれば大概のことは克服することができます。」
  • 「人脈や資金力も重要ですが、最後にものをいうのは精神力だと思います。」
  • 「仕事に対しての集中力があり、精神力の強さ。」
  • 「負けたくないという気持ちが新たな発想を生むと思います。」
  • 「誰にも負けないというやる気と根性、向上心を持ち、かつ仕事に対して手を抜かない姿勢が成功する秘訣だと思う。」
  • 「企業には失敗はつきもので、それにへこたれない誰にも負けないやる気があることだと思う。」

 

4位:物事を単純かつ明確に考えれることが成功理由(16%)

物事を単純かつ明確

起業し経営すると、様々な問題や仕事が降りかかってきます。また、選択も常に迫られます。その場合にもの語祖をシンプルに考えたり、単純化することが出来なければ、戦略や商品化は失敗しやすいというのが理由です。

物事を単純かつ、明確に考えれれば起業成功に近づきますね。 

 

起業家16名のアンケート回答

  • 「色々と考えることや決断することが多くなるが、複雑に考えすぎずに物事の本質をとらえ単純に考えたほうが明確な答えが次々に出せるのではと思う。」
  • 「ポイントとなる部分を明確にマイナスか確率論かなどで振り分けやすくしているように思える。」
  • 「あらゆる事態に最適に対応することが出来る知性が何よりも大切だと思います。」
  • 「成功する人は自分の置かれている現状を冷静に判断して、戦略を立てることができる人だと思います。」
  • 「分析力が流行や時代に乗るためなによりも大切だと思ったから。」
  • 「簡単な発想ほど人が求めているので、それを確実に商品化したり実現できる人。」
  • 「大きな目標よりも、現実的な数字や能力を判断し、適材適所で何かを動かすという、地道な能力に優れた人が起業やフリーで成功するとおもう。」
  • 「いろいろ悩ましいことが降りかかってきたときに、話を単純化できる能力は重要です。将棋と同じで、考える時間は無限にあるわけではありません。」
  • 「現在の情報化社会に、変に計算高い戦略は失敗すると思います。」
  • 「その結果、短命な商品やコンセプトが多すぎると感じます。」
  • 「フリーランスは、段取りが大切。優先順位を決め、計画を立てることで、物事を単純化できるし、何をすべきか明確にすることができる。」
  • 「少ない言葉でより多くを示すことが出来る方が強い経営者です。」
  • 「シンプルかつ正確に判断する力が次に繋がっていると思うから。」
  • 「今やれること、やらなければいけないことを淡々とこなせる人。」
  • 「うじうじ重箱の隅をつつくような人では成功しないと思う。」
  • 「雇われと経営者の決定的な違いは判断を下さなければいけないというところ。」
  • 「やる気や思考、目標などの精神論ではなく、明確な考える力が必要だと考えます。」

 

3位:チャレンジ精神が高いことが成功理由(20%)

チャレンジ精神

起業することがそもそもチャレンジの人もいるでしょうが、起業してからが本当のチャレンジになります。リスクを取ってでも前に進めるチャレンジ精神が成功の秘訣ですね。

誰もが、チャレンジすることに臆病になります。失敗しても勇気をもって前に進むことが大事です。

 

起業家20名のアンケート回答

  • 「成功する人はとにかく考えている時間よりも行動に移す時間が早い。」
  • 「合理的な考え方だけではなく、新しいことにチャレンジすることを恐れない心も大切だと思う。」
  • 「どこかでリスクを負わなければ何も得ることができないから。」
  • 「できない理由ではなく、できる方法を見出すというチャレンジをすることが大切。」
  • 「他の人が手を出さない事や、前例の無いアイデアにチャレンジする事に勝機がありそうだから。」
  • 「新たな事に対して積極的にチャレンジするタイプの場合、困難にも打ち勝つことができるから。」
  • 「他の人がやらないような、面倒なことも厭わずにチャレンジしていくところ。」
  • 「リスクをとってでも前に進める人が成功する。」
  • 「逆境に負けないチャレンジ精神がある人こそ成功しそう。」
  • 「失敗しても「次はこうしてみよう」などと考えることのできる人が成功すると思う。」
  • 「誰も挑戦したことのない分野にも積極的にチャレンジしていければ、成功した時の実りが大きいと思うから。」
  • 「失敗してもチャレンジ精神が大事だと思います。起業すれば失敗は出てくると思います。どうチャレンジ精神を持てるかが鍵だと思います。」
  • 「全く前例が無い事を最初に始められる勇気を持ち合わせている事が、起業して大成功をおさめるための必須条件だと思うから。」
  • 「勇気を持って前に進むことも必要になるから。」
  • 「考えるだけでなく、行動する力を持っています。」
  • 「やってやろうという強い気持ちがなければ何もできません。」
  • 「人よりも先に挑戦しようとする精神性がエネルギーを生んでいると思います。」
  • 「新しいことを産み出すためのエネルギーが必要です。」
  • 「何事にも挑戦してみることも大事であるのでいつでもプラス思考で考えていること。」
  • 「夢ばかり語っていても、チャレンジしなければ意味がない。失敗してもめげずにチャレンジし続けることが大切。」

 

2位:ポジティブ・未来思考が成功理由(21%)

ポジティブ・未来思考

何が起こってもポジティブ(前向き)に考え、さらに未来のことを思考する必要が起業家はあるようです。後ろ向きに考えてばかりでは事業は前には進みません。物事をポジティブに考えることが出来る強いメンタルも、成功理由として上がっています。

 

起業家21名のアンケート回答

  • 「何回挫折しても、未来への糧にできる人だと思うから。」
  • 「たくさんの失敗や困難が訪れたとしても、ポジティブに考えて、それを乗り越える力を持っていないといけないと思うから。」
  • 「ちょっとしたことでは挫折しない、タフな精神力を持っていると思います。」
  • 「必ず苦しい時が来るんですが、成功する人はそこでくじけないですね。」
  • 「くよくよしていると運も逃げるのでポジティブなほうがいい。」
  • 「いろいろありますが、現在はアイディアの時代なので未来を描けること。」
  • 「明るい人は人脈が多いからその分発想が豊かになると思う。」
  • 「大なり小なり失敗は誰でもすることなので、失敗した時にそれで落ち込むだけか、それともそれを糧として先に繋げようという気持ちを持てるかが分かれ目な様な気がします。」
  • 「どんなに優れた人であっても、メンタルが弱いと全て台無しになると思うから。」
  • 「将来の事を話す時に現実的なものであれば必ず同じ志の人が付いてきてくれる。」
  • 「失敗してもそれを次の課題として取り組むので臨機応変に対応できてポジティブなひとが多いと思います。」
  • 「先達の意見を素直に聞き入れ、改善をしようとしている人かな。」
  • 「常に前向きで明るい性格の人が成功すると思います。」
  • 「少々の失敗にくじけず、常に前を向く姿勢は不可欠と思う。」
  • 「多少の失敗でもポジティブに捉えていける人なら、成功するまでやり遂げられるような気がする。」
  • 「失敗や辛いことがあっても落ち込む時間がもったいないと思い、次のことをきちんと考えてるポジティブな人。」
  • 「ネガティブな要素に対して予め対処することが出来る、ポジティブ思考の持ち主であることです。」
  • 「実際に行動しなければ結果は出ないので、まずは行動するようにしています。」
  • 「多少失敗したとしても、失敗の経験を次に生かすことができる人が成功すると思います。」
  • 「ポジティブに考える人は、稼げない時でも稼げる工夫を発見しやすいのではないでしょうか。」
  • 「失敗してもすぐに考え方を変えてチャレンジできる事が大事だと思うから。」

 

1位:最終目標が明確であることが成功理由(31%)

最終目標が明確

起業する場合には、最終目標を決めて起業できる人がどれぐらいいるでしょうか。ビジョンが定まっていない、長期、中期、短期の具体的な目標設定ができていないなどは失敗理由に当たります。

そのため、自分の目標に向かって、真剣に考え取り組むことが大事です。

 

起業家31名のアンケート回答

  • 「大まかであっても構わないが、かっこたるビジョンがないとダメだと思う。」
  • 「最終的にどのようなことをするか決めているのは起業するのに必須だと思っています。」
  • 「大きな夢や目標が定まっているので、多少うまくいかない時期があっても、前向きに頑張れるから。」
  • 「起業したあとの目標が決まっていないと難しい気がします。」
  • 「長期、中期、短期の具体的な目標設定が大事と思う。」
  • 「やる気やポジティブ精神ももちろん必要だが、それだけで何とかなるほど甘くないと思う。」
  • 「目標がしっかりしていれば、それに向けて頑張れるから。」
  • 「自分の目標に向かって真剣に考えてやる気をだし頑張る事が大事。」
  • 「目標を持たなければ、流されて終わってしまうから。」
  • 「日々の目標もしっかり持ってやり、未来の目標をきっちり決めて取り組む。」
  • 「明確な目標がなければ、起業は”自由”なだけに横道にそれがちで、成功から遠のいてしまうと思います。」
  • 「目標達成をしていれば問題なしです。納得です。」
  • 「達成すべき目標設定がしっかりしていれば、きちんとステップを踏むことで、確実に成功すると思います。」
  • 「明確なゴールがあるから、頑張ることが出来ると思う。」
  • 「計画性がある人がやはり最後に残ると思う。勢いだけでは駄目。」
  • 「目標がなければ、将来を想像することができず、行動に移せないです。」
  • 「目標が明確で且つ、詳細まで固まっている人はぶれるとこもないし強いと思うから。」
  • 「目標がはっきしと決まっていれば、それを達成するためにどうすればいいか順序だてて考えていけばいいので。」
  • 「何事にも明確なビジョンがないと、それに向かって努力もできないから、目標は大切です。」
  • 「端的な目標を日々こなすだけではなく、自分の最終目標を明確にしていないと、仕事に対する考えや、仕事に対する取り組みがぶれる可能性があり、成功している人の多くが、仕事に対する考えや取り組みが一貫していると感じられるからです。」
  • 「目標があって、今何をすればいいのか明確に理解できている人。」
  • 「やりたいことが定まっていて、そのために必要なことが何かを理解している。」
  • 「目標を掲げることによって、やっていることの意味が明確になるためです。」
  • 「目標が確固たるものがあると同時に、誰もやったことがないようなことができる人が成功します。」
  • 「最終的な目標があると仕事を行う上で計画を立てやすいから。」
  • 「目標が明確でなければ、達成するのは難しくてやらなくても良い事にもエネルギーを分散してしまいそうなので。」
  • 「目標をきちんともち、そこに行くまでのプランも明確にしている。」
  • 「目標を持って行動するとモチベーションもあがり、目標の達成により充実感を味わい良いサイクルが生まれるから。」
  • 「小さな失敗をしたり迷ったりした際に、明確な目標があれば、その目標に対して正しくアプローチできているかを検証することができ、軌道修正もしやすい為、成功する可能性が高くなると思います。」
  • 「努力すれば可能な目標を掲げることで仕事に対して真摯に取り組める。」
  • 「中間目標や最終目標が決まっていれば、それに向かって進むことができるので、多少のトラブルなどにも我慢強く対処できそうです。」

 

まとめ

まだ、起業していない方、起業準備中の方は参考になったのではないでしょうか。起業するためには何を行うかももちろん大事ですが、経営者自身のメンタル面や考え方が大きく成功理由として左右されてくるようです。

また、「起業して失敗する人に共通する理由を起業家100人アンケート調査」も合わせて確認してみてください。

SNSで最新情報をチェック

 

ツイッター
Googleプラス
Feedly

 

よく読まれている関連記事