2016.05.26

1年間完全無料!女子高生起業家を支援するための新サービス開始

女子高生起業家を支援するための新サービス

2016年5月25日、サーバー保守などインターネット関連のサービスを行う株式会社ビヨンド(大阪府大阪市)は、女性起業家支援のため、日本初の女子高校生起業家向けサービス「JKスタートアップラボ」の販売を開始しました。

JKスタートアップラボ
(写真引用:@Press様)

株式会社ビヨンドでは、“クラウド密着サポート”で女性が活躍する世の中を支えていくために、女性起業家を支援する『女性起業家応援プロジェクト』を立ち上げています。今回、その第一弾として、日本初の女子高生起業家を支援する「JKスタートアップラボ」の販売を開始するということです。

「JKスタートアップラボ」では、起業にあたって、「いいゲームアプリのアイデアはあるけれど、開発手法がわからない」といった女子高生などを支援するため、サーバー初期構築(インフラ設計、初期セットアップ、ミドルウェアインストール設定、FWアクセス制御設計、ユーザーアカウント設定、バックアップ設定、監視設定)、サーバー費用、運用サポート、開発サポートなど、サーバーに関する費用を1年間完全無料で提供するということです。

株式会社ビヨンドでは、今後も女性起業家を支援していくため、『女性起業家応援プロジェクト』のサービスの提供を、第2弾、第3弾と行っていく予定です。

スタピ編集部からのコメント

近年、女性や若者の起業支援が増えメディアでも度々話題となっていますが、それでも、女性や若者の起業はハードルが高いと考える人が大半です。そのため、今回ご紹介した起業支援サービスというのは、女性であり、若者という、比較的、起業を実現しにくい環境に置かれている女子高生と、「起業」とを近づける1つのサービスとして、とても魅力的なサービスに感じました。また、流行を作り出すのが上手な女子高校生のアイデアを十分に活かすことで、これまでになかった新たなサービスが生まれる可能性は大変高く、大変興味深いです。

SNSで最新情報をチェック

 

ツイッター
Googleプラス
Feedly

 

よく読まれている関連記事