2016.05.18

悪意ある商標登録出願の増加で特許庁が注意を呼びかけ

悪意ある商標登録出願

2016年5月17日、特許庁は、自らの商標が他人に商標登録出願している人に向けて、注意を呼びかけました。

特許庁によりますと、最近、一部の出願者から他人の商標の先取りとなるような出願などの商標登録出願が大量に行われているということです。しかし、このような出願の多くが「出願手数料の支払いのない手続上の瑕疵のある出願」であるため、特許庁では、出願の日から一定の期間は待つものの、出願の却下処分を行っているということです。

また、仮に出願手数料の支払いがあった場合でも、出願された商標が、出願人の業務に係る商品・役務について使用するものでない場合(商標法第3条第1項柱書)や、他人の著名な商標の先取りとなるような出願や第三者の公益的なマークの出願である等の場合(同法第4条第1項各号)には、商標登録されることはないということです。

そのため、特許庁では、自らの商標を登録しようと考えている方で、すでに他人が自らと同じ商標登録の出願をしている場合でも、出願をあきらめないようにと注意を呼びかけています。

会社設立を行って商標登録を何らかの事情で希望する方は「初めての商標登録を行うための6つの知識」を一度確認してください。

商標について

今回の記事では、商法に関する用語が幾つか出てきましたが、改めて、商標に関する様々なワードを確認しておきましょう。 

 

商標とは?

商標とは、事業者が自社で扱う商品やサービスに対して、その他の商品や他社の商品と識別するために使用される数字や文字やマークのことです。

 

商標権とは?

商標権とは、知的財産の一つで、日本国内で独占的な使用する権利をいい、 商標を登録することによって発生する権利です 。商標権の存続期間は設定登録の日から、10年間ですが、商標の使用を継続しているかぎり、毎回、10年ごとに、更新登録の手続きを行うことで、商標権を維持することができます。

 

商標登録とは?

商標登録とは、特許庁に商標を登録することです。登録されると登録商標となり、10年間商標権を持つことができます。

 

商標法とは?

商標法とは、商標を持つ人に商標権を与えることで、商標を持っている人の業務上の信用維持をはかることを目的として制定された日本の憲法です。

 

スタピ編集部からのコメント

近年、悪質な商標出願が、増加しているということで、特許庁から注意の呼びかけがありました。商標登録は、自らの商標を持つ人にとって、とても重要なものです。商標登録を行うことで、商標が認められれば、商標権を得ることができ、商標によっては、大きな知的財産となります。そのため、自らの商標を商標出願したいと考えている方も多いと思われます。これから、自らの商標を商標出願しようと考えている方がいましたら、今回のような悪質な出願に惑わされないようにしましょう。

SNSで最新情報をチェック

 

ツイッター
Googleプラス
Feedly

 

よく読まれている関連記事