2016.09.29

国内初!freee株式会社とみずほ銀行が業務提携により法人口座開設可能に

freee株式会社とみずほ銀行が業務提携

2016年9月12日、freee株式会社(本社:東京都品川区)と株式会社みずほ銀行(本社:東京都千代田区)が業務提携を結びました。

従来よりfreee株式会社が提供している「5分で会社設立ができるサービス」と、みずほ銀行が提供している「法人口座開設ネット受付」のサービスを連携します。企業のサービスからメガバンクの法人口座開設への連携は、国内初の取り組みです。

Freee口座開設手続き

会社を設立する際は、法人設立登記と事業用法人口座の開設が必須ですが、口座を開設するためには銀行へ複数回行かなくてはならないことや、同一内容の書類を反復して書かなければならず、相当な時間と労力がかかっていました。

今回の業務提携により、「会社設立freee」の画面上にある、みずほ銀行の「法人口座開設申込みフォーム」のバナーをワンクリックするだけで「会社設立freee」に入力した書類作成データが自動的に転記されます。このサービスのおかげで、原則1回の銀行への来店で口座開設できるようになりました。

現在この取り組みは都内23区内の支店でしか対応を開始しておらず、他のエリアについては2016年10月以降、順次サービスを全国に拡大していく予定です。

また、このサービスのみならず、今後は事業者向けのセミナー・税理士や会計士とタッグを組んだ施策を検討し、日本国内の会社設立増加を目指して共同で取り組む予定です。

freee株式会社の「5分で会社設立ができるサービス」とは?

2015年6月よりfreee株式会社では、画面に沿って必要事項を入力するだけで、会社を設立するのに必要な書類を無料で一括作成できるサービスを開始しています。
これまでに、このサービスを使用して設立された会社は2,500社にも及びます。

 

設立フロー全体もサポートしてくれる

このサービスでは手続きが面倒な印鑑証明書・設立登記申請書・発起人決議書・就任承諾書などの書類作成の他、以下のような設立フロー全体もサポートしてくれます。

  • 会社実印の注文(株式会社ハンコヤドットコムと提携)
  • 電子広告
  • 専門家への相談

ここに今回みずほ銀行と提携した「銀行口座開設」が加わります。

 

お得・確実に設立できる

設立の準備を個人で行う場合や代行で行う場合、書類手続きの為の準備費用(書籍代など)や代行料などが発生してしまいます。ですがfreeeの会社設立サービスを利用すれば、無料で会社設立・設立に関する知識不要・設立後の手続きもサポートしてくれます。

 

まとめ

営業時間が短い銀行に何度も足を運ぶのはとても煩わしいですよね。今回の業務提携により、ワンストップでメガバンクの法人口座が開設できるようになり、来店回数も原則1回となったので、忙しい起業家には嬉しいニュースなのではないでしょうか。ただし、このサービスを利用した人全員が法人口座を開設できるわけではありません。口座開設にはみずほ銀行側の審査を通過することが必要です。

会社設立をすると信用力が上がったり、節税面で有利になるなどメリットがあります。会社設立を考えている人はこのサービスをぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

SNSで最新情報をチェック

 

ツイッター
Googleプラス
Feedly

 

よく読まれている関連記事