2016.11.16

国立市が起業者に補助金等の支援!「国立市起業プランサポート」受付中

国立市 起業プラン サポート 

東京都国立市は、国立市で起業という夢を叶えたい起業家に向けて様々な支援をする「国立市起業プランサポート」を2016年10月3日~11月30日までの間、応募を受け付けています。

国立市では商工業を盛んにして雇用を創出し、地域活性化に協力してくれる起業家を育成するため、新たに事業を設立する起業家を支援する「国立市起業プランサポート」の実施を決定しました。

国立市
(画像引用元:国立市役所ウェブサイトより)

対象者は国立市内に住所がある20歳以上の個人であり、新たに国立市で起業をする方、もしくはその個人が代表者となり新たに国立市で起業するために設立する法人となっております。

応募対象となる業種は、政治・宗教上の目的を達成するための業種・風俗営業などの業種以外でしたらどんな業種でも応募可能です。

応募者の中で審査を通過した事業者に対し国立市が補助金対象事業認定を行い、以下のような支援を受けることができます。

  • 起業後3年間、事業所等の賃料1/2を補助(上限:月額3万円)
  • 起業するためにかかる事務所・設備などの改修費用の1/2を補助(上限:50万円)
  • 補助金対象事業認定通知日から3年間、専門家による経営診断や相談にかかる費用の補助(上限:26万円/年)

なお、補助金対象事業認定を受けた事業者は、認定を受けた日を始めとして6ヶ月以内に起業した場合にのみ補助金を受けることができます。

応募を希望する方は、2016年11月30日(水)までに所定の用紙を国立市役所産業振興課に持参または郵送してください。(所定の用紙の他に別途自由様式で説明資料を添付するのは可能です)

郵送の場合11月30日(水)必着、持参の場合は11月30日(水)の午後5時までとなっているので注意してください。

認定までのスケジュールは、2016年12月上旬までに応募書類の書類審査が行われ、翌年の2017年1月下旬にプレゼン審査(1人につき20分を予定)、3月上旬に補助金対象事業者が決定する、といった流れとなっています。

「国立市起業プランサポート」の詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。

→「国立市企業プランサポートに応募しませんか」国立市役所公式ウェブサイト

 

国立市では応募に向けての無料創業相談実施中!

応募に必要な「国立市起業プランサポート事業補助金認定申請事業計画書」を提出する必要があります。自身のもつ事業計画について詳しく記載しなければいけませんが、どう書いていいのか分からないといった人のために無料創業相談を実施しています。

 

国立市の創業支援事業機関がアドバイスをくれる

無料創業相談を実施している機関は以下の通りです。事業計画や資金調達計画、魅力的なプレゼンテーションを行う方法についてアドバイスをくれます。

  • 創業支援センターTAMA(事務局:多摩信用金庫)
  • 日本政策金融公庫 多摩創業支援センター
  • 国立市商工会

この他の相談先の案内や質問などは国立市産業振興課へお問い合わせください。

 

まとめ

国立市では、「国立市起業プランサポート」に応募する起業家のために創業に関する無料相談も実施しているので、事業計画を作成することがはじめての人やプレゼンテーションに慣れていない人のためのフォローをしっかりしてくれて、起業家にとっては安心して応募することができる企画なのではないでしょうか。

応募を希望する際は、ぜひ国立市が開催する無料相談を活用するのが良いでしょう。

SNSで最新情報をチェック

 

ツイッター
Googleプラス
Feedly

 

よく読まれている関連記事