2016.10.24

大阪でスタートアップピッチイベント開催!優勝者には東京本戦への切符授与!

大阪でスタートアップピッチイベント

2016年11月11日(金)に大阪市のグランフロント内にある「大阪イノベーションハブ(Osaka Innovation Hub)」で、スタートアップのピッチイベント「GVH Demo Day」が行われます。主催は公益財団法人都市活力研究所と株式会社サンブリッジグローバルベンチャーズです。

主催者である株式会社サンブリッジグローバルベンチャーズは、インターネット関連の起業家支援を主な事業内容とし、これまで世界進出に向けて関西で活躍する起業家・日本であらたに事業を始めようとする外国人起業家を支援している企業です。

スタートアップベンチャー
(画像参照元:都市活力研究所様より)

2015年4月より、こうした新事業に挑戦する人々の新たなアイディアを発表する場として、年2回「GVH Demo Day」が開催され、過去の参加者には資金調達に成功した企業も存在します。そういった背景から「GVH Demo Day」は、関西からスタートアップするにあたっての登竜門の1つとなってきています。

当日は、若手起業家である株式会社テーブルクロスの城宝薫さんの基調講演や、これからサービスを開始しようとしているGVHに入居する企業・一般公募から選ばれた計8社が、プレゼンテーションやそれに対する講評を聞くことができます。プレゼンテーションで選ばれた優勝者には、大阪代表として東京の最終決戦大会への切符が与えられます。(東京本戦:12月)

スタートアップピッチイベントは、ニューヨーク・サンフランシスコ・ベルリンなどの様々な地域で行われているため、東京本戦へは各地域の優勝者が集まる予定です。選抜された起業家が集まる東京本戦では、スタートアップの熱い戦いが期待されるでしょう。

参加資格は、起業を志す方・ベンチャー企業に興味ある企業・ベンチャーキャピタルなどの投資家はもちろん、学生も参加可能です。参加希望者は、公益財団法人都市活力研究所の公式HPのイベント・セミナー内の「GVH Demo Day 2016 Autumn」より申し込みをしてください。
定員は先着80名で参加費は無料となっています。

GVHとは?

GVH Demo Dayでプレゼンテーションする企業の中に「GVHに入居する企業」とありますが、これは2011年に開業した起業家支援オフィスのことです。

 

100名ほどの起業家が在籍している

GVHに在籍する起業家は、「スタートアップのエコシステムを大阪に創る」ということを目標に活動しています。拠点はGVH大阪・梅田角田町の2拠点であり、あわせて100名ほどの起業家がGVH起業家支援オフィスを通してビジネスを磨いています。

 

「GVH Demo Day」当日の講師プロフィール

当日講師を務めるのは、最近メディアでも注目されている若手起業家の城宝薫さんです。城宝さんのプロフィールをご紹介します。

 

ちょっことボランティアを推進する企業

城宝さんは、外食時テーブルクロスが運営するグルメアプリでお店の予約をすると、予約時に選択した人数分の給食が途上国の子どもに届けられるといった、社会貢献型のグルメアプリを運営する企業の代表取締役です。

 

まとめ

ご紹介したとおり「GVH Demo Day」では新たなアイディアを発表する場を提供してくれます。アイディアを発表しそれを評価してもらえるということは、事業を起こすにあたりとても大切なことだと思います。

優勝すると東京本戦にて日本国内の起業家だけでなく、世界の起業家と交流できます。グローバルな視点から物事を考えられる良い機会になるでしょう。

SNSで最新情報をチェック

 

ツイッター
Googleプラス
Feedly

 

よく読まれている関連記事