2016.12.22

松阪の商いの歴史を学ぶ!「松阪商人塾」創業支援セミナー参加者募集中

松阪商人塾 創業支援セミナー

松阪商工会議所(三重県松阪市)が、松阪商人サポート隊主催で「松阪商人塾」創業支援セミナーを開催することを発表しました。

「松阪商人塾」創業支援セミナーとは、参加者に松阪商人の経営風土・歴史・文化に触れてもらうことで「商い」に対する心を学び、また、「創業の原点、松阪商人」としての理解を深めることで、地域活性化を目指すセミナーのことです。

 

width=445px

(画像引用元:松阪商工会議所公式ウェブサイト)

 

2017年1月26日(木)・27日(金)の2日間を通して、松阪市市民活動センターでセミナーが行われます。

当日は、「松阪商人の経営学や歴史講座」・「松阪市の空き店舗補助金等の創業支援施策紹介」・「松阪商人関連施設見学」を行う予定です。

これらを行うにより、参加者に「松阪で創業したい」という意識をもっていただくことを目的とする他、まずは初めに「豪商のまち松阪」を様々な人に広く知ってもらうことも目的としています。

1度松阪に訪れてもらい、松阪商人の経営に対する価値観・歴史・史跡の紹介・郷土料理を堪能してもらいたいといった思いで企画しています。

2日目の1/27には、松阪にある以下の場所を見学する予定です。

  • 松阪商人の館
  • 三井家発祥の地
  • 松阪もめん手織りセンター
  • 旧長谷川邸(国指定重要文化財)
  • 鈴屋(本居宣長旧宅・国指定特別史跡)
  • 御城番屋敷(国指定重要文化財)

約2時間半かけて松阪の地を巡ります。

「松阪商人塾」創業支援セミナーの定員は20名であり、先着順となっていますので、参加ご希望の方は早めの申し込みをお願いします。

申し込み方法は、松阪商工会議所公式ウェブサイト内にある「松阪商人塾」創業支援セミナー申し込みフォームから申し込みいただくか、松阪商工会議所が発行するチラシに必要事項を記入の上、FAXおよびメールにて申し込みください。

※参加費は無料ですが、宿泊費やオプショナルツアー等は実費となりますのでご注意ください。

→「松阪商人塾 創業支援セミナー」公式ウェブサイト

 

 

「松阪商人塾」創業支援セミナー講師紹介

「松阪商人塾」創業支援セミナーでは、2日間を通して三重県出身の3名の講師が以下のセミナーを行います。

  • 1/26講演「集客・信頼のための情報発信力」:講師(米山 哲司)
  • 1/26講演「三井高利と越後屋商法」:講師(門 暉代司)
  • 1/27講演「松阪商人について」:講師(吉田 悦之)

どの講演も、約1時間程度を予定しています。

 

米山 哲司(よねやま さとし)氏

米山さんはNPO法人Mブリッジ 理事長を務めている、PRプランナーです。NHKやイベント会社で広報・企画を担当した経験があり、PRの本質的な考え方の講座に定評があります。

 

門 暉代司(かど きよし)氏

門さんは三重県史編集委員(前本居宣長記念館館長)を務めています。地域の文化・文芸史を研究しており、「伊勢の歴史と文化」・「松阪木綿 ―史料に学ぶ木綿の歴史―」などの著書があるほど、三重県の歴史に詳しい人物です。

 

吉田 悦之(よしだ よしゆき)氏

吉田さんは本居宣長記念館の館長を務めており、著作に「2001年宣長探し」、主論文に「本居宣長四十四歳自画自賛像を読む」など数々の文書を執筆しているほど、松阪に詳しい人物です。

 

まとめ

「松阪商人塾」創業支援セミナーは松阪での創業支援施策などを紹介してもらえる他、松阪という街の良さを知ることができます。

創業支援セミナーは様々な地域で開催されていますが、開催地の見学や郷土料理を堪能できるといったセミナーはあまりないように感じます。

創業する地のことを好きになり、その地の経営学を学ぶのは大切なことだと思います。

 

SNSで最新情報をチェック

 

ツイッター
Googleプラス
Feedly

 

よく読まれている関連記事