2017.02.02

川崎市が「かわさき起業家オーディション」開催!参加者随時受付中!

かわさき 起業家 オーディション ビジネス アイデアシーズ市場

公益財団法人 川崎市産業振興財団は、川崎発の元気な企業を育てるため「かわさき起業家オーディション ビジネス・アイデアシーズ市場」を年に6回開催しています。

募集対象は、創業または新分野進出を前提とするビジネスプランであり、これを満たしていれば個人・法人・所在地・国籍などは特に制限ありません。

 

width=500px

(画像引用元:かわさき起業家オーディション ビジネス・アイデアシーズ市場公式ウェブサイト)

 

優れたビジネスアイデアをもった応募者には、そのビジネスアイデアを実現するため以下のようなサポートを行います。

  • 販路拡大
  • 資金調達の支援
  • ベンチャーキャピタリスト、ビジネスパートナーとの出会いの場の提供

「かわさき起業家オーディション ビジネス・アイデアシーズ市場」は、平成13年11月に開催された第1回目から平成28年3月までで計100回のビジネスプランコンテスト(オーディション)を行っており、受賞者は651件・応募は学生を含めて1,907件に達しています。

応募方法は、指定された応募申込書に不備なく必要事項を記入の上、正本1通とコピー8通の計9通を事務局へ郵送するか持参してください。

応募申込書は公式ウェブサイトの他、市内の区役所・図書館・市民館などにも置いています。

なお、応募には以下の費用がかかります。

  • 法人…3,000円
  • 個人…2,000円
  • 学生…無料

指定口座に振り込み・財団事務局窓口に現金で支払い・ゆうちょ銀行の定額小為替を応募申込書に同封のいずれかで支払いをする必要があります。

「かわさき起業家オーディション ビジネス・アイデアシーズ市場」の詳細は、「公式ウェブサイト」をご覧ください。

 

 

「かわさき起業家オーディション ビジネス・アイデアシーズ市場」受賞までの流れ

「かわさき起業家オーディション ビジネス・アイデアシーズ市場」は、以下の流れで受賞者を決定します。

  1. 1次審査(書面審査)
  2. 2次審査(面接審査)
  3. 最終選考会(プレゼンテーション)

審査員は、公的技術支援機関や金融機関の出身者・知財の専門家・医療・介護・情報産業など多岐に渡る人員8名で構成されています。1次審査・2次審査・最終選考会を通して同じ審査員で審議します。

では、それぞれの審査内容を詳しくご紹介いたします。

 

1次審査(書面審査)

1次審査は応募書類での審査になります。

  • 新規性、優位性
  • 将来性、社会性
  • 市場性
  • 販売計画
  • 実現可能性
  • 財務計画

以上の項目を審査し、1次審査通過者を決めていきます。なお、審査結果はEメールと書面で通知されます。

 

2次審査(面接審査)

2次審査は、プレゼンテーション(10分間)と質疑応答(20分間)による審査になります。

ここでの審査は1次審査の結果と2次審査の内容により行い、審査結果をEメールと書面で通知します。

 

最終選考会(プレゼンテーション)

最終選考会では、1人15分のプレゼンテーション時間が与えられ、審査員と参加者を前に発表します。

なお、最終選考会ではベンチャー企業の創業者等を講師に迎えての基調講演や、ビジネス交流会(参加費1,000円)も行われる予定です。

 

まとめ

「かわさき起業家オーディション ビジネス・アイデアシーズ市場」は年に6回開催されているので、ビジネスアイデアが閃いたタイミングで取り掛かることができると思います。

公式ウェブサイトでは今までの受賞者などを閲覧することができるので、応募を考えている人はチェックすると良いでしょう。

川崎市はあなたの夢を応援してくれますので、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

SNSで最新情報をチェック

 

ツイッター
Googleプラス
Feedly

 

よく読まれている関連記事