2016.10.20

関西の女性企業家が大集結!年間1万人が集まる大阪イノベーションハブにてセミナーが開催

阪イノベーションハブにてセミナー

2016年10月7日に、大阪イノベーションハブで「創業フライデー」が開催されました。創業フライデーとは、起業家向けのビジネスメディアである創業手帳と、ビジネス創出支援拠点である大阪イノベーションハブとの共催で行われている、無料の起業家向けイベントです。

資金調達・販路拡大・会計など、起業ために必要なノウハウを学ぶことができます。

創業フライデー大阪イノベーションハブ
(画像参照元:創業手帳Web様より)

10月7日に開催されたのは全6回中の5回目であり、テーマは「私らしく起業する。女性起業家大集合!」でした。当日は、コワーキングスペースの運営を行う「株式会社Kakeru」の代表取締役である大崎弘子氏が登場しました。

セミナー後は、参加者同士でのピッチや交流会も催され、参加者にとってはとても有意義な時間となりました。

創業フライデーの第6回目は11月4日であり、ビズシード株式会社共同創業者CEOである大久保幸世氏と大阪営業所長の梶本比沙氏が講師を務める予定です。セミナーの申し込みは、創業手帳の公式HPよりエントリーを行ってください。

 

大阪イノベーションハブとは?

大阪イノベーションハブとは、世界市場に挑戦することを志す起業家・技術者が集まるビジネスの創出支援拠点です。グローバルイノベーションに挑む人たちのスタートアップをサポートしています。

 

年間約200回のプログラムを開催!

大阪イノベーションハブでは「大阪から世界へ」をテーマとし、チームメイキング・ビジネスプラン作成・メンタリング・シリコンバレー連携プログラムなど、グローバルな事業の育成に繋がるプログラムを、年間約200回も開催しています。

 

事業プランのサポートを提供してくれる

打ち合わせスペースの提供・コーディネートなどの事業プランのフォローアップを行ってくれます。(新規事業をはじめる方を対象とした「Osaka Hackers Club」会員限定のサービスです)

 

年間10,000人以上が来場!

大阪イノベーションハブには、起業家・投資家・技術者など多様な人材が年間10,000人以上訪れます。ビジネスを広げるためには有意義な出会いになります。

 

イノベーションエコシステムの構築を推進

大阪イノベーションハブでは、起業家を生む→育てる→成功者にする→成功者が次の成功者を生む、といった関西におけるイノベーションシステムの構築を推進しています。

 

まとめ

先日行われた第5回目の創業フライデーには起業を考える女性たちがたくさん集まり、様々な知識と良い出会いがあったようです。

会場である大阪イノベーションハブは様々なイベントが行われているようで、起業を目指している・同じ志を持つ仲間との出会いが欲しいという方には便利な場所です。施設は大阪駅にあり大変アクセスも良いため、大阪に出やすい地方の起業家も活用できる施設でしょう。

SNSで最新情報をチェック

 

ツイッター
Googleプラス
Feedly

 

よく読まれている関連記事