2017.01.19

アマゾンが「Amazon Launchpad」の提供を開始!日本企業約15社が参加

アマゾン 新サービス 提供開始

2017年1月18日、大手総合オンラインストアである「アマゾンジャパン」が、日本でグローバルプログラム「Amazon Launchpad」の提供を開始すると発表しました。

Amazon Launchpadとは、創業したてのスタートアップ企業の革新的な製品を国内だけでなく海外のアマゾンユーザーにも紹介し、スタートアップ企業にマーケティング・セールスサポート・配送サービスを提供する取り組みのことを指します。

2015年にアメリカでスタートし、ヨーロッパ・中国・インド・メキシコ・カナダなどのスタートアップ企業約1,200社が4,000以上の商品を展開しています。(2016年現在)

width=400px
(画像引用元:Amazon Launchpadウェブサイト) 

Amazon Launchpadの特徴は以下の通りです。

  • 迅速な販売開始
  • 露出機会の拡大
  • ブランド構築
  • グローバル進出

世界的に有名なアマゾンの販売サイトで商品を展開することにより露出機会を拡大・迅速な販売ができます。

また、サイト内で会社や商品紹介などを行うことでブランド構築にもなり、アマゾンの物流網を使用して世界に商品を販売することができます。

スタートアップ企業には、出品管理ツールや出品大学講座によるアマゾンの活用方法の解説を提供する他、以下のソリューションを提供します。

  • フルフィルメントサービスの利用
  • 海外販売支援
  • 運転資金融資
  • 自社サイト運営支援
  • ブランド構築
  • 商品認知度向上

これらの提供は、スタートアップ企業にとって大きなサポートになるでしょう。

発表当日(18日)よりIoTを使用したウェアラブルデバイス・知育、学習玩具・スマートホームなどの今までになかった機能をもつ革新的な商品を集め、「Amazon Launchpadストア」をオープンしています。

Amazon Launchpadストアには世界中のスタートアップ企業が参加しており、提供する商品は約250品目にのぼります。日本のスタートアップ企業約15社が参加しています。

アマゾンジャパンの代表取締役であるジャスパー・チャン氏は、イノベーションで常に社会に変化をもたらすスタートアップ企業の支援の大切さや重要さを説き、1人でも多くの人が成功することを期待していると述べました。

 

「Amazon Launchpadストア」での日本の出品商品とは

Amazon Launchpadストアは、日本のスタートアップ企業に対し出品商品の特徴を分かりやすくするため4つのメニューを用意しました。

  • ライフ&レジャー
  • 家電・PC
  • カメラ
  • ホーム&キッチン

馴染みのない革新的な製品などはユーザーにとって使い方が分からないため、原則として出品企業に商品紹介動画などを一緒に掲載することにしています。

動画を活用することにより、商品だけでなく企業のブランディングもできる仕組みです。

 

出品商品は革新的で生活を便利にするものが多い

今回出品されたのは、以下のような商品です。

  • 世界最小のクラスのIoTデバイス「MAMORIO」
  • 耳が痛くならないワイヤレスエアーヘッドホン
  • 音楽が流れる家具
  • スマートフォン・アプリで操作できるBluetoothロボット
  • コミュニケーションロボット

このような、今まであるようでなかった商品が出品されています。

 

まとめ

いくら革新的で人々を魅了する商品を作っても、それが世に知れ渡らなければ意味がありません。つまり、少しでも多く製品を知ってもらう機会を作らなければならないのです。

アマゾンという大きな販売サイトを通じることで、自社や商品をアピールする近道となります。

今回参加した日本のスタートアップ企業の商品はIT技術を駆使した商品ばかりなので、どの商品も魅力的であり同時に驚かされます。

わざわざ家電量販店に足を運ばなくても、インターネットを使用していつでも手軽に商品を見ることができるのは消費者にとってとても便利でしょう。

Amazon Launchpadストア」に参加する日本企業が増え、アッと驚くような商品が続々と開発されるのが待ち遠しいです。

SNSで最新情報をチェック

 

ツイッター
Googleプラス
Feedly

 

よく読まれている関連記事