会社設立時の許可(許認可)

許認可

許認可とは、個人事業または、会社(法人)を運営していく上で法令や条例などによって許可や届け出が必要な事業(業種)が存在します。この事業を一般的に許認可業種と呼ばれています。

会社設立を行った後に、許認可を取得することになりますが、行う事業の条件をチェックしておかなければ、取得することができません。そのため許認可が必要な事業については、会社設立前に確認を行い条件を満たしている必要があります。

また、手続きの窓口としては業種によって様々で主に警察署、保健所、都道府県、市町村、農業委員会、陸運局などが窓口として上げられます。許認可の手続きには提出資料が多かったり、手数料がかかったりするものがありますので、早めの準備をお勧めします。

 

許認可の種類について

許認可には5つの種類が存在しています。

届出 行政機関に一定の事項を届け出れば、営業が認められるもの
登録 行政機関に一定の事項を届け、帳簿に記載することで営業が認められるもの
許可 法令で禁止されているが、行政機関の一定の条件を満たせば営業が認められる
認可 行政機関に一定の事項を届け、審査に合格することで営業が認められるもの
免許 特定の資格保有者が行政機関に一定の事項を届け、定められた要件を満たすことで営業を行えるもの

 

許認可は上記の5つの分類からなります。「認可」や「免許」が必要なものは取得が難しく、条件も多かったりします。

新着情報