2016.01.20

株式会社設立時の前株・後株の違いとメリット・デメリット

株式会社設立時の前株・後株

株式会社を設立する場合には、設立する会社に会社名を付けなければなりません。会社名でももちろん悩みますが、会社名が決まった時に、前株、後株、どちらに株式会社をつけるか悩む経営者(発起人)が多く、良く聞かれるポイントになります。

前株・後株とは、株式会社の会社名(商号)の中で「株式会社」が社名の後ろに付くか、前に付くかを「前株」「後株」といいます。

  • 株式会社●●●●(前株)
  • ●●●●株式会社(後株)

前株・後株のポイント

このページでは前株・後株の違いとメリット・デメリットについて説明していきます。会社名(商号)の全体的なルールや付け方の方法については「失敗しない会社名(商号)の5つの付け方と決め方」を確認してください。

前株と後株の違いについて

width=px

前株と後株の違いやルールなどは、実は存在していません。法務局に登記される社名は前か後ろかに「株式会社」を記載すれば問題ありません。つまり、前株・後株はどちらでも良いということになります。

では、前株と後株はどのように経営者(発起人)は決めているのでしょうか。

 

前株か後株の決め方

  • 会社名との語呂の良さ
  • 経営者個人的な好み
  • 語感で決めている
  • 記載したときの収まり具合

などの決め方が一般的です。統計的には前株・後株も比率は同じぐらいだといわれています。戦前は基本的に後株だったため、大手企業や古くからある有名企業は後株の方が多い傾向にあります。

近年ではカタナカや英語の会社名が多く存在するため、会社名の見た目を重視して前株を付ける会社も多くなっています。

 

前株・後株のメリット・デメリットについて

前株か後株は好みで決めるとお伝えしましたが、前株または後株をつけた場合のメリット・デメリットについてご紹介していきます。

 

前株のメリット・デメリット

  • 電話を受ける時、かける時がスムーズ(メリット)
  • データ管理が行いにくい(デメリット)

前株のメリット・デメリットは上記ぐらいでしょうか。会社を設立し運営していく上で電話を受けたり、かけたりするものですが、前株であれば、電話口で「株式会社●●●●の<名前>ですが」と伝えますし、受ける時も「はい、株式会社●●●●です。」と伝えます。

この場合は、先に法人であることが受けてに分かりやすいため、英語またはカタナカの会社名の場合は法人だとわかりやすいように前株にすることがメリットといえます。

データが管理しにくいデメリットに関しては「カ)●●●●」とデータ管理の際に略されますので、大手企業などと取引した場合にミスがでたり、管理が大変になる傾向があります。(あんまりないのでデメリットとは言えないかもしれませんが)

 

後株のメリット・デメリット

  • 有名企業や大手企業は基本後株(メリット)
  • 会社名が目立つ(メリット)
  • 後株は今どきではない(デメリット)

古くからある老舗企業や有名企業はほとんどが後株です。(例:楽天株式会社等)そのため、大手企業になることを目指して後株にする方も多くいらっしゃいます。

先ほど説明したように戦前は後株のみだったので、前株を付けるのは戦後の企業ということになります。こちらも今どきではないデメリットは存在しますが、大きなデメリットとは言えませんね。

 

まとめ

株式会社設立時の前株・後株というのは基本的に好みで決めて問題ありません。ただ以下のことを注意しておくことが重要になります。

  • 語呂や語感は良いかどうか
  • 記入したときの収まり具合
  • ロゴに株式会社を入れるのであれば、ロゴの見易さ

ロゴに株式会社を入れる方はめったにいませんが、記入したときの収まり具合と語呂や語感のチェックは必ずしたほうが無難です。人によって感性がもちろん違うので、”好みで決める”という表現になりますね。

よく読まれている関連記事