2016.03.07

株式会社設立の登記申請7つの必要な書類と流れ

株式会社設立の登記申請

いよいよ株式会社設立時の最終段階である登記申請について説明していきます。登記申請が終われば、会社設立完了となります。登記申請した日(提出日)が会社設立日となりますので、設立日をこだわる方は注意が必要です。

【目次】
1.株式会社設立登記に必要な書類
2.株式会社設立登記申請書
記入の方法例(取締役会を設置しない会社の発起設立)
3.「登記すべき事項」別紙の作成
登記すべき事項の提出方法について
登記すべき事項の記入例
4.印鑑届出書について
5.収入印紙貼付台紙について
6.その他書類
定款について
資本金の払込証明書
代表取締役個人の印鑑証明書
7.登記申請の流れ「設立の完了」

 

1.株式会社設立登記に必要な書類

No 書類名 詳細
1 株式会社設立登記申請書 法務局のホームページで入手
商業・法人登記申請
2 「登記すべき事項」 法務省のホームページで項目を確認
登記事項の作成例一覧
※磁気ディスク(DVD-R)で提出が楽
3 会社の「印鑑届出書」 法務省のホームページで確認
印鑑届書(PDF)
印鑑届出書(Excel)
4 収入印紙貼付台紙 収入印紙を貼るだけのA4用紙
5 定款 認証を受けた謄本
6 資本金の「払込証明書」 資本金を払込んだ証明物
7 代表取締役個人の印鑑証明書 個人の印鑑証明書なので注意

 

上記の書類を提出すれば、完了となります。1つ1つ説明していくので確認していきましょう。

 

 

2.株式会社設立登記申請書

法務局のホームページで「商業・法人登記申請」のページから、会社に合った登記申請書をダウンロードしましょう。Wordファイルでダウンロードしていきましょう。

  • 株式会社設立登記申請書(取締役会設置会社の発起設立)
  • 株式会社設立登記申請書(取締役会を設置しない会社の発起設立)
  • 株式会社設立登記申請書(取締役会設置会社の募集設立)
  • 株式会社設立登記申請書(取締役会を設置しない会社の募集設立)

上記のファイルのいずれかになります。1人で会社を設立する場合は「取締役会を設置しない会社の発起設立」になります。どれを選んで良いか分からない方は「株式会社設立時の機関設定の注意点」を一度確認しておきましょう。

 

記入の方法例(取締役会を設置しない会社の発起設立)

1人で会社設立を行う場合の株式会社設立登記申請書の記入例になります。

登記申請書

  • 1.捨印:修正が出た場合に備えて捨印(会社の代表者印)を押しておきます
  • 2.登記の事由:この日付は、払い込み証明書の作成日時を記入します
  • 3.登録免許税:基本的に150,000円ですが、資本金が2,200万円を超えてくると、「資本金の金額×0.7%」の方が15万円より高くなるため、「資本金の金額×0.7%」が適用されます。
  • 4.添付書類:添付する書類を一通り記載しますが、「委任状」は自分以外の人間が登記申請に行く場合のみなので、注意しましょう。

登記申請書

  • 5.日付:法務局で登記申請を行う日付を入れます。
  • 6.印鑑:会社の代表者印(実印)を捺印します。

上画像のような形で項目を埋めるだけで構わないのですが、1~6の項目は注意しておきましょう。記入して捺印を行い完成です。

 

 

3.「登記すべき事項」別紙の作成

 上記の書類の掲載にもあったように「登記すべき事項」別紙CD-Rの通りの部分を作成してきます。株式会社設立の場合は「登記事項の作成例一覧」から「0001株式・設立.txt」をダウンロードして、必要項目を記入してきましょう。

 

登記すべき事項の提出方法について

株式会社の「登記すべき事項」の提出方法は3つの提出方法が存在します。

  • 磁気ディスク(DVD-R)などで提出する方法
  • オンラインで提出する方法
  • OCR用紙に印刷して提出する方法

上記の3つの方法が存在します。この中で一般的なものは「磁気ディスク(DVD-R)などで提出する方法」が一般的に多く行われている方法です。オンラインで提出する方法に関しては(http://www.moj.go.jp/MINJI/minji06_00051.html)を確認してみてください。

 

登記すべき事項の記入例

以下が記入事例になります。基本的には定款で定めたことを転記するような形となります。

「商号」株式会社スタピ
「本店」東京都千代田区○丁目○番○号
「公告をする方法」官報に掲載してする。
「目的」
1 ○○のWebマーケティング
2 ○○の売買
3 前各号に附帯する一切の事業
「発行可能株式総数」3000株
「発行済株式の総数」800株
「資本金の額」金800万円
「株式の譲渡制限に関する規定」
当会社の株式を譲渡するには,株主総会の承認を受けなければならない。
「株券を発行する旨の定め」 当会社は株券を発行しない。 「役員に関する事項」
「資格」取締役
「氏名」須田比 太郎
「役員に関する事項」
「資格」取締役
「氏名」法務一郎
「役員に関する事項」
「資格」代表取締役
「住所」○県○市○町○丁目○番○号
「氏名」須田比 太郎
「登記記録に関する事項」設立

上記を「.txtファイル(メモ帳)」で保存し、CD-Rなどに保存しておきます。これで「登記すべき事項」別紙CD-Rの通りが完成します。

 

 

4.印鑑届出書について

印鑑の届け出書類は法務省のホームページ「印鑑届書(PDF)」「印鑑届出書(Excel)」でダウンロードしましょう。書き方の見本は以下の通りになります。

印鑑の届出書

こちらは、埋めるべきところをしっかりと記入すれば問題ない書類ににあります。「改印」も同じ書類なため、間違えないよにしましょう。

 

 

5.収入印紙貼付台紙について

こちらはA4用紙に「収入印紙貼付台紙」とタイトルを入れて、収入印紙を貼るだけの紙なので非常にシンプルです。ひな形は「商業・法人登記申請」でダウンロードを行った「株式会社設立登記申請書」の中に入っていますので、ひな形がほしい方は利用しましょう。

収入印紙貼付台紙

注意点としては「収入印紙を張るだけ」ということです。割り印などは押しませんので注意しましょう。登記申請書と2枚重ねて以下のようにホッチキス止めします。

登記申請書とホッチキス

登記申請書は2枚1組でホッチキスでとめ、その最後尾に収入印紙添付台紙をさらにホッチキス止めします。登記申請書の裏側と収入印紙添付台紙の見開きには割り印がいるので注意しておきましょう。

 

 

6.その他書類

その他登記に必要な書類は定款認証や資本金の払込み等で作成済みなので項目としては割愛しています。

 

定款について

定款認証を受けた「謄本」と赤字で書いてある定款の原本が必要になります。定款については以下を確認してください。

 

資本金の払込証明書

資本金を払い込んだ証明書と、通帳のコピーが必要になります。製本の方法などは以下を参照してください。

 

代表取締役個人の印鑑証明書

登記する際には、代表取締役の個人の印鑑証明書が必要になりますので、市区町村役場で発行をしておきましょう。

 

 

7.登記申請の流れ「設立の完了」

登記申請から登記完了までの流れは以下のような形で進みます。

登記申請の流れ

登記申請書類を提出して、約1週間から2週間程度は訂正がなくても期間を見ておきましょう。(訂正がなくて早くて3日といわれています)書類等に不備がなければ登記申請日が株式会社設立日となり、はれて会社設立(登記)完了となります。

登記が完了したら、法務局で「登記事項全部証明書」と法人の「印鑑証明書」を入手しておきましょう。

SNSで最新情報をチェック

 

ツイッター
Googleプラス
Feedly

 

自分で株式会社設立する流れについて

株式会社設立の流れ

株式会社設立の流れは以下のような流れで進みます。流れをすべて確認したい方は「株式会社設立の流れ」をチェックしてみてください。

よく読まれている関連記事